Q. 遠絡療法って?

西洋医学の医師が、西洋医学の限界に悩み生まれた治療です。

西洋医学と東洋医学の良い所を融合させるだけでなく、不十分な点を補完して生まれた全く新しい治療法です。

経絡を利用し身体が持つ本来の治癒力を発揮させる治療法です。

お知らせ

Q. どうして今まで治らなかった症状が治るの?

従来の治療は、症状を取るだけの対処療法が多く、症状を起こしている原因に対処していない。

その点遠絡療法は、治癒力を引き出すための経絡を応用した独自の治療法だからです。

 

Q. 経絡ってなに?

体内では、血液、リンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)、髄液、神経伝達信号など、さまざまなものがスムーズに流れることで生命活動が保たれています。これらの流れが滞りなく流れているのは生命エネルギーである「気」が流れているからだとされています。この生命エネルギーの流れる道を経絡といいます。

Q. 遠絡療法とはどんな治療ですか?

体内の流動的な現象を「ライフフロー」と呼んでいます。この「ライフフロー」を調整する治療点が手足にあります。この治療点を押すことで身体の治癒力や神経活動を整える効果が得られます。遠絡療法では、押し棒や身体を傷つける事のないレーザー治療器を使って治療します。

 

Q. 副作用や揉み返しの心配はないですか?

まったく心配ありません。遠絡療法は、患部を直接触りません。ハリや注射も使いません。従って炎症がひどくなって起こる揉み返しや副作用というものはないのです。身体にやさしい安全な治療です。

Q. 患部を触らないのはなぜですか?

身体の不調を治すのは患者様ご自身の力であり、治療者の力ではありません。患者様の治癒力を無視して症状を抑えたり散らしたりする一般的な治療とは異なり、経絡の関係から治癒力や神経活動を引き出す為の調整をするのが遠絡療法です。治療直後は患者様本来の状態に戻しますので、即効的な効果も得られるのです。

 

Q. どれぐらいの頻度で継続したらいいですか?

Q. 妊娠中は治療できないですか?

個人差がありますが、基本的には週1回の治療を2~3か月続けていただくことをお勧めしています。

始めのうちは「ライフフロー」を維持する力が十分ではないので、週1回治療を受けていただいています。症状によっては週2~3回必要な方もありますが、1,2週間ですぐに頻度を減らすことができます。その方の維持する力の変化に応じて頻度を調整していきますので、何か月も治療を継続する必要はありません。

身体の状態をお聞かせ頂いた上で判断致しますが、大半の方は心配なく妊娠中でも治療できます。母体は胎児にエネルギーを集中させていますので、薬などの副作用を心配せず身体を整えるサポートを遠絡療法でさせていただきます。他の婦人科系のお悩みもお気軽にご相談ください。

当院は、医療保険は使えません。それぞれの方に合った内容でしっかりと治す為、内容や時間に制限がない自由診療でさせていただいています。ご理解いただきますようお願いします。

Q. 保険は効きますか?

 

遠絡療法の特徴

ご自身の「回復する機能」を高めます。

身体の不調には、薬や注射、マッサージで症状を抑えたり散らす事で対処するのではなく、身体の機能を働かせることが大切です。

身体が回復する為にはエネルギーの流れを患部に集めることが必要です。

 

東洋医学ではエネルギーを「気」と呼びます。「気」が流れる道を「経絡」といいます。

遠絡療法は「経絡」を介し、身体本来の働きである回復力を劇的に引き出す事ができる治療です。

ですから、痛みだけでなく自律神経をはじめ身体の機能を整えることができる治療なのです。

 

薬も注射も使いません。患部に直接触れるような治療を致しません。

 

26本の経絡が連携して身体を営んでいるのです。

弱った経絡を元気な経絡から調整しながら治療を施す今までになかった療法です。

概 要

名 称: 遠絡療法(遠道相応穴位経絡療法)

方 法: 押し棒や赤外線を使用した方法で経絡の調整をします

     患部から離れた治療点を使い施療します

 

開発者: Dr.KO(医師)

経 歴: 鹿児島大学医学部卒

     九州大学病院麻酔科勤務

     福岡にて開業

     東京銀座 銀座遠絡教学医院 院長

 

適 応: 痛み・しびれ、原因不明の症状、自律神経を含む神経機能の調整

適応傷病名:偏頭痛、めまい、耳鳴り、自律神経症状、ムズムズ病

      腰痛、膝痛、股関節痛、踵痛、足裏の違和感やしびれ

                  肩関節痛、肘痛、手首痛

      姿勢の不良、猫背・円背

      脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア等による痛みや痺れ、

      脊柱管狭窄症からくる立ち上がりにくさや歩きにくさ

      脳卒中後の動きにくさ

      CRPS、三叉神経痛、帯状疱疹後神経痛、

      ムチウチ後の首痛や腰痛

      冷え症、こむら返り、睡眠障害、うつ など

 

治 療 費

初診料 2,160円

施術料 8,640円(50分程度)遠絡療法+整体

    5,400円(30分程度)遠絡療法のみ

                (税込表示)